CSS Nite in FUKUI

セッション概要

セッション1(12:50~)

「今さら聞けないHTML5の疑問 ~なぜHTML5なのか?HTML5が目指す世界とは~」

羽田野 太巳氏近年大きく話題に上がることの多いHTML5は、今のWebへのインパクトが大きいゆえ、多くの誤解や疑問が蔓延しています。
細かい知識やテクニックを知る前に、まずHTML5とは何なのかを正しく理解する必要があります。
本セッションでは、よくある誤解や疑問に答えながら、HTML5によってもたらされる世界とは何なのか、そしてHTML5を学ぶ意義についてお話しします。

講師プロフィール

羽田野 太巳(Futomi Hatano)
有限会社futomi 代表取締役

1971年岐阜県生まれ。
ホスティングサーバー(共用サーバー)でも利用できるWebアプリケーションの独自開発・販売を手がける。主にPerlによるCGI制作が中心。
オーダーメードのWebアプリケーション制作・Webサーバー管理業務も手がける。
2007年にHTML5.JPを開設し、Canvasを使ったJavaScriptライブラリの開発、HTML5の最新情報の発信、HTML5関連仕様の日本語訳を手がける。
主な著書に、『徹底解説HTML5マークアップガイドブック』(秀和システム)、『JavaScript,Ajax,DOMによる Webアプリケーションスーパーサンプル』(ソフトバンククリエイティブ)、『標準DOMスクリプティング JavaScript+DOMによるWebアプリデザインの基礎』(ソフトバンククリエイティブ)など。
[HTML5.JP]http://www.html5.jp/
[futomi’s CGI Cafe]http://www.futomi.com/


セッション2(13:50~)

「『中川流 Webデザイン道』 福井編」

中川 直樹氏Web制作は、UI設計にはじまり、静止画、動画、ゲーム・インタラクティブコンテンツまで、幅広い領域をカバーする必要があります。
そうした意味では、広告デザイン、パンフレット、テレビCMを作るよりも大変な仕事といえます。
本セッションでは、Web制作を進めるにあたり「Webデザイナー/ディレクター」として、ここは押さえなくては!という10のことについてお話しします。

講師プロフィール

中川 直樹(Naoki Nakagawa)
社団法人 日本WEBデザイナーズ協会(JWDA)会長
株式会社アンティー・ファクトリー 代表取締役/アートディレクター

ニューヨーク州立大学 Fashion Institute of Technology(F.I.T) 広告デザイン学科卒業。ニューヨークにてWebデザイン、グラフィックデザインに従事。1997年、ニューヨークより帰国、同年、有限会社アンティー・デザインを設立。
主な実績は、三菱電機、資生堂、カネボウ、S&B食品、日産自動車、バドワイザー、Sony Ericsson、コカ・コーラ、フジテレビ、アルファロメオ、ALL ABOUT、VOGUEほか多数。
その他、雑誌(Web Designing)において「中川流 Web道」を執筆。講師、講演活動は、デジタルハリウッド、リクルート、ベネッセコーポレーションほか多数。2009年度より社団法人JWDA会長。
[社団法人日本WEBデザイナーズ教会]http://www.jwda.jp/
[株式会社アンティー・ファクトリー]http://www.un-t.com/


ミニセッション1(14:50~)

『インターフェースデザインのプロセス』

仁愛大学 吉村ゼミ仁愛大学 吉村ゼミ(仁愛大学
このセッションは「デザインを学べると思ってゼミに入ったら、いつのまにかアプリをつくっていた9人のゼミ生」の物語です。2010年度後期のゼミでは、小さなアプリの開発を通して、アプリと人をつなぐ「インターフェース」のデザインを探求しています。アイディアの発見からProcessingによるプロトタイピング、インターフェースデザインまでのプロセスをお話します。

プロフィール

仁愛大学 吉村ゼミ

2010年4月発足。仁愛大学人間学部コミュニケーション学科3年生9名が所属。ゼミでは「Web上のコミュニケーション」「インターフェースデザイン」を中心に学習中。


ミニセッション2

『CSS3 を用いたスマートフォン向けWebサイト構築方法』

高嶋 健人氏現在、iPhone や Android などのスマートフォン、iPadに代表されるタブレッドやTVなど、Webサイトを見ることができるさまざまなデバイスが登場しています。
本セッションでは、これらのディスプレイサイズ・解像度の異なるデバイスに対応したサイトを、 HTML/CSS で構築するための方法をご紹介します。

プロフィール

高嶋 健人(Taketo Takashima)
株式会社インフォネット Webエンジニア

1984年、福井県福井市生まれ。2008年より株式会社インフォネット所属。
社内では、CMS(DotNetNuke)のシステム、モジュール開発やiPhoneアプリの開発、サーバ管理などを担当。最近の興味は、HTML5, CSS3, IA, UI設計など。


ミニセッション3

『Google Analyticsを使ったWebサイト分析方法』

澤田 幸弘氏本セッションでは、Google AnalyticsのWebサイトへの導入方法から、導入後の主な着目点や分析の方法についてお話しします。
これからGoogle Analyticsの導入を考えている方、導入したもののいまいち分析に活用できてないという方にオススメです。

プロフィール

澤田 幸弘(Yukihiro Sawada)
株式会社オールコネクト Webデザイナー

1982年、福井県大野市生まれ。
Web制作会社・フリーランス等を経て、現在は株式会社オールコネクトへ。社内では、主にアートディレクションとデザイン業務を担当。最近の興味は、Web制作におけるディレクションとデザイナーのマネジメント。


ミニセッション4

『福井でWeb制作を行うためのワークハック』

佐々木 敏明氏株式会社サーフボードは今年で創業15年を迎えました。
福井で15年間Web制作をやってこれたのは、デザインやシステム開発等の技術的な事だけではなく、他にもさまざまな理由があると考えています。私達は「会社」が求めるWebサイトを作るわけではなく「ユーザー」が求めるWebサイトを作ります。
本セッションでは、私達がWeb制作するために実践しているワークハックについてお話しします。

プロフィール

佐々木 敏明(Toshiaki Sasaki)
株式会社サーフボード Webデザイナー

1981年生まれ。株式会社サーフボードにおいて、Webデザイン、Flash、DTPを担当。
最近の趣味は、Progression、HTML5、jQuery。WCAF(ウェブ・クリエーターズ・アソシエーション・福井)や.fukui(ドットフクイ)などの勉強会イベント運営を行うなど、社外でも活発に活動中。
[WCAF(ウェブ・クリエーターズ・アソシエーション・福井)]http://www.wcaf.jp/


セッション3(16:40~)

「もし福井の女子Webデザイナーが「PMBOKガイド 第4版」を読んだら」

林 千晶氏Webクリエイティブの世界にプロジェクトマネジメント(PMBOK)をいち早く導入したロフトワーク。
本セッションでは、デザインの仕事を効率的、かつクリエイティブに進めるポイントを、ストーリー仕立てで実践的に解説します。

―徹夜が続く、プロジェクトの期間がだらだら延びる、デザインのひっくり返しがある、言った言わないでもめる……。
福井の制作会社で働く若手Webデザイナーのももこは、プロジェクトでたびたび起こる難局面に漠然とした不安を抱いていた。
「なんでいつもいつも同じことで苦しむんだろう。デザイナーの仕事って何!?」
そんなある日、ももこは一冊の本に出会う。
それは、世界標準のプロジェクトマネジメント知識体系を記した『PMBOKガイド 第4版』だった…―

  • PMBOKにおけるプロジェクトとは
  • プロジェクト憲章
  • インプット・アウトプットのツールと技法
  • WBS,スケジュールの作成
  • 統合変更管理
  • 対峙
  • トラブルと品質・等級

講師プロフィール

林 千晶(Chiaki Hayashi)
株式会社ロフトワーク 代表取締役・PMO

1971年生、アラブ首長国育ち。早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。
クリエイターコミュニティを核とした新しいスタイルの制作代理店「ロフトワーク」の共同創業者。クリエーターとのマスコラボレーションの基盤として、いち早くプロジェクトマネジメント(PMBOK)の知識体系を日本のクリエイティブ業界に導入。米国PMI認定PMP。米国クリエイティブ・コモンズ アジア・プロジェクト・コーディネーターを務める。主な著書に、共著『Webプロジェクトマネジメント標準』(技術評論社)。


全体進行

鷹野 雅弘(Masahiro Takano)
株式会社スイッチ CSS Nite主宰

鷹野 雅弘氏Webサイトの構築やコンサルティングを中心に、WebやDTPに関しての講演やトレーニングのほか、スクールなどのカリキュラム開発も手がける。
テクニカルライターとして10冊以上の著書を持つほか、書籍の企画や編集なども行っている。2005年からCSSNiteを主宰。

鷹野さんには、オープニング・エンディング、質疑応答のコーディネートなど、全体進行をご担当いただきます。