開催概要

Web制作の世界では、常に新しい技術が登場し、必要な知識・スキルが刻々と変化しつつあります。

公益財団法人ふくい産業支援センターでは、「Web制作における最新事例・ノウハウが学べる機会」や「講師・参加者同士の交流の場」の提供を通じ、「地元人材のスキルアップ」や「県内産業の雇用創出」につなげることを主な目的に、「CSS Nite in FUKUI」を実施しています。

今回は、業界の最前線で活躍する県外スピーカーによるセッションに加え、県内制作者によるミニセッションをご用意しました。

なお、企業・団体、学生などを問わず、どなたでも参加可能。参加資格などは一切ありません。
Webに興味・関心があるすべてのみなさまのご参加をお待ちしています。

セッション概要/出演者

Session 1:
マルチデバイス時代のロゴ&アイコンデザイン
-クリエイティブのプロセスとおさえどころ-

印刷からデジタル環境にコンテンツが移行しはじめた時代、デジタル環境で再現できる色使いや縮小に耐えるかたちのロゴをつくろう!という動きがおこりました。
あれから10年くらい… 今ではマルチデバイスな環境で
・覚えやすい色
・親和性のある形を持ったアイコンとロゴ
・サイズが変わっても読める、わかるクリエイティブ
といったニーズが新しく出てくるようになりました。
これらをどうやって作り上げるのか、その試み、プロセスの例を説明します。

矢野りん

矢野 りん(Yano Rin)
バイドゥ株式会社 モバイルプロダクト事業部 マネージャー / Android女子部部長

フリーランスのデザイナーとして、メーカのWebコンテンツなどデザイン経験多数。2011年12月 よりバイドゥ株式会社入社。自社プロダクトのSimejiやBaiduIMEのUX/UIのデザインやプロモーション企画・デザイン担当。
主な著書『ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。』(MdN)、『WEBデザインメソッド-伝わるコンテンツのための理論と実践』 (ワークスコーポレーション) 『Webレイアウトの『解法』
Webデザイナーのための実践的セオリー50』 『デザインのへそ
デザインの基礎体力を上げる50の仕事術』(エムディエヌコーポレーション)など。身長152.2cm。

Session 2:
本当にレスポンシブWebデザインでいいの?
-スマホ向けサイトに適したコンテンツとその見せ方を考える-

デバイスの幅やウィンドウサイズに応じて、レイアウトを変更するレスポンシブWebデザイン。
スマートフォン対応の有料な手段として注目されていますが、利用するユーザー視点で考えると、「PCサイトにはあるのに、スマホ用にはコンテンツがない」、「使い慣れているPCサイトを使い勝手が大きく異なる」など、不都合なこともあり、ベストなソリューションとはいえません。
2012年後半、盛り上がったレスポンシブWebデザインですが、一度、クールダウンして、その是非について考えてみましょう。

鷹野 雅弘(Takano Masahiro)
株式会社スイッチ
Webサイトの構築やコンサルティングを中心に、WebやDTPに関しての講演やトレーニングのほか、書籍の企画や編集、スクールなどのカリキュラム開発も手がける。
2005年からCSS Niteを主宰。日本全国、および海外に展開し、300回を超える関連イベントを通し、のべ40,000名を超える方が参加している。
テクニカルライターとして20冊以上の著書を持ち、総販売数は14万部を超える。主な著書に『よくわかるDreamweaverの教科書』(共著、マイナビ)、企画編集を行った書籍に『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(マイナビ)など。

Session 3:
広告視点からの「デザイン」
-地方に拠点を持つからこそできること-

広告業界で重要視されている「コミュニケーションデザイン」。
目的の本質を捉え、表現手法をデザインしていくことは、現場を体感している地方にいるからこそできること。
また、本質をとらえることのできる能力を身につけていくことで、地方に拠点を置きながら、日本全国の仕事ができます。
デザイナー・エンジニア・プランナー、地方で活動する制作者のみなさんに伝えたい、これからの制作モチベーションのあり方についてお話しします。

takeshima20130223

竹島 千代子(Takeshima Chiyoko)
コミュノグラフ株式会社 代表取締役・デザイナー

「デザイン=伝えたいことをカタチにする」 という視点から、販促ツールや手法をプランニングしデザイン・構築。最近では、伝えることの重要ポイントとして「コミュニケーション」にも着目。この分野においては、企業、NPO法人などを対象としたSNSセミナー講師も受託。
富山・石川に拠点をもつ(株)ネットワールドで制作部長を務めた後、2013年1月にコミュノグラフ(株)を設立。

Session 4:
仕事の質を高めるコミュニケーション・テクニック

制作の現場で起こる問題・トラブルの原因は、つきつめると「認識のズレ」などコミュニケーションにあった、ということは少なくありません。
さまざまな手段で人と繋がることができるようになっても、仕事には相対する人間同士の関わりが不可欠です。
本セッションでは、スピーカーがこれまでクライアント、制作チーム、ユーザーとの関わりの中で「伝える・伝わる」ことの難しさと大切さを実感してきた体験をもとに、日々の仕事で大切にしたい、コミュニケーションのコツについてお話しします。

muranaka20130223

村中 ゆかり(Muranaka Yukari)
株式会社ウーマンスタイル

金沢市内の印刷会社でDTP、印刷物の企画・編集、Webサイト制作・ディレクション業務に携わる。
2011年12月より株式会社ウーマンスタイルにて、女性生活者の声を活かした販促プロモーションの企画・運営を担当。
石川県のWeb制作コミュニティ「WDF」というセミナーイベントの運営に携わる。

Session 5:
Webとスマホとデザインと
-地方から広がるつながるデザイナーのお仕事-

Webデザインの経験を経て、スマホアプリのデザインに携わっている現在。
その中で見えてきた、Web制作との違いや共通点、押さえておきたいデザインの本質的な部分。Web制作、フリーランス時代とは異なるエンジニアとのチーム開発。Webの仕事からどんどん広がりつつあるデザイナーの役割について、リアルタイムで発信します。

SONY DSC

山森 美穂(Yamamori Miho)
株式会社jig.jp デザイナー

1979年、福井県福井市生まれ。
デザイン・印刷系の会社などに勤務の後、地元のWeb制作会社にてどっぷり5年半Webデザインに携わる。
退社後はフリーランスでWeb、ロゴ、グラフィック、イラストやモバイルアプリのUI等のデザインを続け、Mashup Awardsではデザインを担当したアプリが、2年連続でファイナルに。2012年9月に株式会社jig.jpに入社。UI/UXの勉強をしつつ奮闘中。

Session 6:
2013年から始めるSEO
-外部リンク獲得のためのコンテンツプランニング-

2012年のSEO業界はGoogleの「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」に揺れた一年でした。
パンダアップデートはコンテンツの「品質」に対する評価アルゴリズムの更新、ペンギンアップデートはコンテンツに対する「外部評価(被リンク)」に対する評価アルゴリズムの更新です。
本セッションでは、これらのアルゴリズムをおさらいしながら、人から評価されるコンテンツとはどういうコンテンツか?を考え、明日からすぐ使えるSEOプランニングをレクチャーします。

松尾 茂起(Matsuo Shigeoki)
株式会社WEBライダー 代表取締役 / Webプロデューサー

1978年生まれ。関西学院大学卒業後、京都のコンテンツ制作会社に就職。舞台音楽やWebコンテンツの制作を行うほか、SEO部門の責任者を兼務し、2010年4月、京都にて『株式会社WEBライダー』を設立。人々から支持されるコンテンツをつくることで自然にリンクを集めるSEOを提唱し続けている。
主な著書に『WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル』(秀和システム)など。

開催概要

名称 CSS Nite in FUKUI, Vol.6
日時 平成25年2月23日(土)12:30~17:40(交流会17:50~19:00)
会場 福井県産業情報センター マルチホール(1F)
(福井県坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16 / 会場・アクセス
出演者(敬称略)
定員 100名(申込先着順・事前登録制) → 満席のため受付を終了しました。
参加費 一般2,000円、学生無料
※セミナー・交流会(ドリンク・軽食付)参加費を含みます。
※学生の方は、受付の際に必ず学生証の提示、もしくはコピーをご提出ください。
主催 公益財団法人ふくい産業支援センター
協力
  • WCAF(ウェブ・クリエーターズ・アソシエーション・福井)
  • CSS Nite(株式会社スイッチ)
Twitterのハッシュタグ CSS Nite in FUKUI, Vol.6のハッシュタグは「#cssnite_fukui6」です。発言の最後に半角スペース+「#cssnite_fukui6」を入れてつぶやくと「#cssnite_fukui6」に自動的にリンクが張られ、本イベントに関連したの発言を参照することができます。ぜひ、中継や覚書などにご活用ください。

タイムテーブル(予定)

時間 テーマ 出演者
12:00~12:30 開場、受付開始 ——–
12:30~12:40 オープニング 鷹野 雅弘(進行)
12:40~13:30 マルチデバイス時代のロゴ&アイコンデザイン
-クリエイティブのプロセスとおさえどころ-
矢野 りん
13:40~14:30 本当にレスポンシブWebデザインでいいの?
-スマホ向けサイトに適したコンテンツとその見せ方を考える-
鷹野 雅弘
14:40~16:40 北陸三県リレーセッション

  • 『広告視点からの「デザイン」
    -地方に拠点を持つからこそできること-』
  • 『仕事の質を高めるコミュニケーション・テクニック』
  • 『Webとスマホとデザインと
    -地方から広がるつながるデザイナーのお仕事-』
竹島 千代子
村中 ゆかり
山森 美穂
16:50〜17:30 2013年から始めるSEO
-外部リンク獲得のためのコンテンツプランニング-
松尾 茂起
17:30 エンディング 鷹野 雅弘(進行)
17:50~19:00 交流会(会場:同施設内 レストラン(2F)) すべてのスピーカー

※各セッション後、質疑応答・休憩時間合わせて20分程度取る予定です。
※タイムテーブルはあくまでも目安であり、当日の流れによって、調整しながら進行します。 

会場・アクセス

福井県産業情報センタービル(福井県坂井市丸岡町ソフトパークふくい7-1-16)
※住居表示:福井県坂井市丸岡町熊堂第3号7番地1-16)
※(公財)ふくい産業支援センターの交通アクセスもあわせてご確認ください。

アクセスマップ | CSS Nite in FUKUI, Vol.6

大きな地図で見る

CSS Nite in FUKUI, Vol.6へのお申し込みはこちら