Archives

CSS Nite in FUKUI, Vol.6 フォローアップ(5) 山森 美穂さん(株式会社jig.jp)

2013年2月23日、福井県産業情報センター マルチホール(1F)で開催したCSS Nite in FUKUI, Vol.6 : 地域社会に軸足を置きつつ日本・世界と仕事をするのフォローアップとして、山森 美穂さん(株式会社jig.jp)の『Webとスマホとデザインと -地方から広がるつながるデザイナーのお仕事-』セッションの音声ファイルなどをシェアします。

ダウンロード

 

山森さんからのメッセージ

CSS Nite当日は、みなさんご参加いただきありがとうございました!

2年くらい前にWeb業界からアプリデザインの世界に入って、当日もご紹介した通りいろいろな考えかたの違いや、エンジニアさんとの文化の違いも感じてきました。
でもデザイナーとしてつんだ基礎があれば、十分役にたてると実感しています。

今はアプリ開発ということで、エンジニアさんとの接点や仕事が多い中、アジャイルというエンジニアさん主導の開発のやりかたを実践していっていますが、今後はデザイナーなりの仕事の進め方もうまく取り入れつつもっと手法を改善できたらいいなと思い、日々頑張っています。

違う能力や考えかたをもつ人同士が一緒にモノづくりをして、スゴいものを生み出すのがマッシュアップの面白さだと思っています。

福井をはじめ北陸にはマッシュアップができる土壌があって、発信することで、全国でも活躍できる可能性も大きいと思います。

北陸各県のセミナーや、開発イベント等で何か小さなタネを生み出して、今年も開催される(予定の)Mashup Awards9などにぜひ挑戦してみてください!

きっと世界がかわると思います!

さいごになりましたが、「教えて!おとうちゃん」と「melocy」をよろしくお願いします!

 

CSS Nite in FUKUI, Vol.6 フォローアップ(4) 村中 ゆかりさん(株式会社ウーマンスタイル)

2013年2月23日、福井県産業情報センター マルチホール(1F)で開催したCSS Nite in FUKUI, Vol.6 : 地域社会に軸足を置きつつ日本・世界と仕事をするのフォローアップとして、村中 ゆかりさん(株式会社ウーマンスタイル)のセッション『仕事の質を高めるコミュニケーション・テクニック』の音声ファイルなどをシェアします。

ダウンロード

 

村中さんからのメッセージ

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

コミュニケーションの問題は、自分自身が苦手意識があるだけに、どうしたらもっとよくなるだろう?と日々考えています。

私も、失敗とちょっとうまくいった!の繰り返しですがお話ししたことが、皆さんの日々の業務や生活に少しでもお役に立てれば幸いです。

◎初頭効果について

 「初頭効果」とともによく言われるのが「新近効果」です。
 これは、直前の情報がその後の判断に影響を与える、というものです。

 第一印象も大事ですが、「終わりよければ…」と言われるように終わりの印象も重要だ、ということです。

 こういった実験で確認されている効果は、あくまで「傾向」です。
 その時々の、お互いのコミュニケーションによって必ずしも、そのとおりになるとは限りません。

 「こんなことが起きがち」という傾向として踏まえたうえで、目前の相手を、よく観察し尊重して「聴く」技術、を実践してみてください。

CSS Nite in FUKUI, Vol.6 フォローアップ(3) 竹島 千代子さん(コミュノグラフ株式会社)

2013年2月23日、福井県産業情報センター マルチホール(1F)で開催したCSS Nite in FUKUI, Vol.6 : 地域社会に軸足を置きつつ日本・世界と仕事をするのフォローアップとして、竹島 千代子さん(コミュノグラフ株式会社)のセッション『広告視点からの「デザイン」-地方に拠点を持つからこそできること-』の音声ファイルなどをシェアします。

ダウンロード

 

竹島さんからのメッセージ

ご参加くださった皆様、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

広告業界はここ数年で大きく変化してきました。

2011年、世界最大級の広告賞「カンヌ国際広告祭」からも「広告」の文字が外れ「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」に変更。

『広告』の枠で語りきれなくなった現在の状況を反映しており、広告だけにとどまらない、クリエイティブの祭典として再スタートしました。

「クリエイティビティ」には、制作にとどまらず創造力や革新性の意味が込められているそうです。

人の心を動かす様々なアイデアや技術。
受賞作品は見ているだけで心が震えるてくる内容ばかりです。

▼受賞作品に関する記事をいくつか…
http://smmlab.aainc.co.jp/?p=10619
http://ogekimog.blogspot.jp/2012/06/2012_28.html
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/tokusyu/20120706/201207toku2.html
http://webrock.jp/?p=2939
http://fumon-nippo-ex.blogspot.jp/2013/02/canneslions2012-emotional.html

人の心を動かすって何て素晴らしいことなんだ!!と感動です。

技術や知識、アイデアで、誰かの心を動かすことができるってすごいお仕事だなと興奮してしまいます。

皆さんの技術やアイデアが広告におけるコミュニケーションに活かされたとき、伝えたいことが、もっと感動的に伝わり、地域や経済の活性化につながると思っています。

北陸から日本・世界に向けて、たくさんの感動が生まれますように。

皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

 

CSS Nite in FUKUI, Vol.6 フォローアップ(2) 鷹野 雅弘さん(株式会社スイッチ)

2013年2月23日、福井県産業情報センター マルチホール(1F)で開催したCSS Nite in FUKUI, Vol.6 : 地域社会に軸足を置きつつ日本・世界と仕事をするのフォローアップとして、鷹野 雅弘さん(株式会社スイッチ)のセッション『本当にレスポンシブWebデザインでいいの?-スマホ向けサイトに適したコンテンツとその見せ方を考える-』の音声ファイルなどをシェアします。

ダウンロード

 

CSS Nite in FUKUI, Vol.6 フォローアップ(1) 矢野 りんさん(バイドゥ株式会社)

2013年2月23日、福井県産業情報センター マルチホール(1F)で開催したCSS Nite in FUKUI, Vol.6 : 地域社会に軸足を置きつつ日本・世界と仕事をするのフォローアップとして、矢野 りんさん(バイドゥ株式会社)のセッション『マルチデバイス時代のロゴ&アイコンデザイン-クリエイティブのプロセスとおさえどころ-』の音声ファイルなどをシェアします。

ダウンロード

 

矢野さんからのメッセージ

先日はお世話になりました&おつかれさまでした!

ロゴデザインのお話に限らず、デザインはすべて「課題の設定方法と プロセス」の吟味に質が左右されるんだ、というお話をしました。

また、何も思い浮かばないときの資料サイトなどをチェックしつつ、 使える技の数をふやしたり、表現の幅を広げてください。

dribbble
but dose it float

よく知られたWebサービスのロゴに使われているフォントまとめ
Fonts Used In Logos of Popular Websites

 

おまけ
ロゴ作成技法の2012年のトレンド
How to brand a logo: 2012′s design trends

※しかし日本国内では英語表記はうけいれられにくいです。 国内限定のサービスの場合、日本語フォントの組み合わせでロゴを 作った方が良いでしょう。

また、ラフを手描きで起こすことに関しては、デザインのプロセスの場合
・PCよりも素早く考えをまとめられる
・荒削りな状態を他者と共有することで、他者が意見をしやすくなる
というメリットの他に ・脳の活性化 という利点もあります。

これはクリエーティブな現場ではよく言われていることですが、指を つかって手で描くという動作が脳によく作用して結果表現の幅が広がる んだそうです。

ちょっと題材は異なりますが、手書き文字と脳の関係について言及した 記事があるのでご一読ください。

書字で脳を活性化

デザインはどこまでいっても肉体労働。 メンタルとフィジカルの両方をバランスよくコントロールしながら 良い結果を出せるよう努力したいものですね。

では!また!